×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳がんは抗がん剤が効きやすい

乳がんは抗がん剤が効きやすい

乳がんの発生率は高いようで、よく産婦人科のポスターなどにはどのようにチェックしたら良いかも書いてあり、中には乳がんの抗がん剤使用についても載せられていたりします。

私はあまり乳がんについて詳しくなかったので、今回乳がんについて少し調べると同時に乳がんの抗がん剤使用について調べてみることにしました。

しかし、乳がんの抗がん剤について調べていてまず一番に目に留まったことがありました。

それは乳がんには抗がん剤が効きやすいということなのです。

彼女は抗がん剤という化学治療の及ぼす影響を懸念して、漢方などの自然療法をするという決定をしました。

乳がんは抗がん剤が効きやすいということですが、副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

乳がんの抗がん剤使用に関する副作用はその他のがんの副作用と同様に個人差があるようですね。

私の友人も乳がんになり抗がん剤使用をするかしないかという決定をしなければならない時がありました。

乳がんになって抗がん剤治療を始めるか始めないかを決める際に、そのような点をきちんと医師と話し合うことが大切ですね。

 

抗がん剤治療を選択しなかった理由にはそのような副作用が挙げられるようです。

乳がんについては膨大な情報があり、乳がんの抗がん剤について知ろうと思っても膨大な情報の中からどれに手を付けたら良いのか分からないという感じです。

彼女の場合はあまりひどい副作用を経験することはありませんでした。

また乳がんは術後の経過が良いことでも知られているようで、がんの種類によっては抗がん剤が効きにくいというものもあるようですね。

また、乳がんの抗がん剤治療について事前にサイトやブログで調べておくといいかもしれませんね。