×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抗がん剤を使用して行うがん治療

抗がん剤を使用して行うがん治療

抗がん剤治療はがんの治療法の中ではかなり有名なものでしょう。

がんと診断されると誰でも目の前が真っ暗になったように感じ、すぐに抗がん剤治療など治療法について考える冷静さを持つことができないのも無理もないことのような気がします。

なぜ彼女はそれほどまでに抗がん剤治療を拒んだのでしょうか。

 

抗がん剤治療を受けるか受けないかという決定は個人個人の患者に決定が委ねられています。

患者は抗がん剤治療を含めあらゆるがんの治療法について医師に尋ねることができ、医師は包み隠さず話す義務があります。

その時に患者は抗がん剤治療の副作用についても知る必要があります。

ですから、抗がん剤を使用して行うがん治療について聞いた後に、別の方法での治療を希望し、抗がん剤治療を受け入れないという人がいるのも当然のことなのです。

どのような効果が見込まれ、そしてどのような副作用が生じうるかを聞いた上で納得した後に、抗がん剤治療を受け入れるべきなのです。

また、抗がん剤治療を受け入れた人、受け入れなかった人のことをとやかく言うのはよくない気がしますね。

抗がん剤治療を受け入れるか受け入れないかは個人で決定することのようで、できるだけ正確な情報を得ておくことは大切かもしれませんね。

 

抗がん剤治療と一言で言ってもいろいろな種類があり、それぞれの治療によって、副作用も違うことでしょう。

医師が一番に考えることは患者の意思、自己決定権であると聞きます。

自分の持っている少ない情報だけで、悩んだり、判断したり、批判することのないようにまずは抗がん剤治療について調べてみましょう。

自分の間違った情報を人に広めるのではなく、正しい知識を得てからその正しい知識を広めてできるだけ多くの人が抗がん剤治療について知るようになったらいいですね。