×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛サプリメントで腰痛の痛みを軽減できる

スポンサード リンク
スポンサード リンク

新陳代謝を促す腰痛サプリメント

ビタミンB群は、腰痛対策にサプリメントを扱う上では欠かせません。

ビタミンB群は筋肉の新陳代謝を活発化させる効果がありますので、筋肉の疲労やコリを和らげてくれます。

ビタミンB群は神経痛の軽減効果もあるといいますので、腰痛が激しく苦痛を感じているという方にも検討していただきたいサプリメントといえます。

また、ビタミンは大量に摂ってもその分は体外に出されます。

また、ビタミンB1やビタミンB2のみという偏った摂り方をしてしまうと他のビタミン成分を消耗させてしまう働きがあるので、栄養のバランスを考える必要があります。

欠乏気味なビタミン分を適度に補うためにも、ビタミン群の偏りをなくすためにも、腰痛サプリメントで腰痛対策をすることは理に叶っています。

腰痛対策として効果の高いとされるサプリメントとしては、ビタミンB12が配合されているようなものです。

神経痛や目の疲れなどにも、末梢神経の損傷を改善する効果があるビタミンB12が助けになるでしょう。

また、ビタミンB12は血中の赤血球を増やす作用も持っているので、腰痛時の貧血に対する改善効果も期待できます。

腰痛と並んで襲い掛かってくる神経の緊張も軽くなりますので、精神的にも強い味方となってくれるでしょう。

腰痛サプリメントは、腰の痛みが気になる人や腰痛で睡眠不足気味という人に使っていただきたい商品です。

ビタミンB群をサプリメントで積極的に摂り入れるなどして、腰痛軽減に早い段階で取り組みましょう。

筋肉増強による腰痛サプリメント

体に筋肉をつけることで、腰痛の痛みは緩和することができます。

そのため、腰痛緩和のサプリメントとして、筋肉を増やすためのプロテインやアミノ酸サプリメントを使うこともあります。

腰痛にプロテインサプリメントという組み合わせは意外かもしれませんが、プロテインは運動選手だけが使うというものではありません。

筋肉をつけるだけがプロテインの働きではなく、コレステロールが気になる人や酸化作用や免疫低下が気になる人にも有効な成分です。

プロテインサプリメントで腰痛になりにくい体作りをするといいでしょう。

サプリメントでプロテインを摂取するという場合、たんぱく質にアレルギー反応があるという人は原材料に卵や乳などを使っていないことを確認しなければなりません。

筋肉量を増やすだけでなく、疲れからの回復が早くなるものとしてアミノ酸があります。

ビタミンB群は、アミノ酸と一緒に体内に取り込むことによって新陳代謝を促す効果を促すことが可能なので、サプリメント選択時の参考にするといいでしょう。

ある程度筋肉に負担のかかるような運動をした後で筋肉増量のサプリメントを使うと効果的です。

蓄積された脂肪を筋肉にするには、運動の習慣は欠かせません。

体全体に筋肉をつけるにはスイミングやジョギングが早道ですが、最初は簡単なストレッチからでも十分です。

筋肉増強が目的でも無理な運動量で腰痛を悪化させぬよう、自分の体質と照らし合わせて実践することが必要です。

痛み軽減に役立つ腰痛サプリメント

腰痛サプリメントの中には、腰の痛みを軽くする目的で摂取するものもあります。

腰痛サプリメントには、デビルズクローという植物の成分が含まれているものもあります。

デビルズクローが使われているサプリメントは、消炎効果で炎症を抑える効果が期待できます。

デビルズクローは天然ハーブですので、身体への負担も少ないのがメリットです。

腰痛緩和のためにサプリメントを摂取する時には、グルコサミンで関節の痛みを緩和したり、イチョウ葉エキスで血の巡りを良くする等の組み合わせも考えてください。

鎮痛や解熱作用があるというホワイトウィロウが配合された腰痛サプリメントは痛みに効果があります。

頭痛薬のアスピリンはホワイトウイロウに含まれるサリシンからが作られていますので、アスピリンアレルギーの人はホワイトウィロウは避けた方がいいでしょう。

ホワイトウィロウ以外でも、腰痛サプリメントでは効果が強いものほど体への負担が大きくなることがあります。

担当医に相談しながら適切な腰痛サプリメントを選択するという方法もあります。

サプリメントの摂取を始めてからも、腰痛の痛みが増していたり、半年ほど使っても一向に改善の兆しが見えないという場合は、病院に行く必要があるかもれません。

ある程度の腰痛であれば、適度な運動によって血流改善や筋肉増量することが改善策となりますが、症状が進むと運動が逆効果になることもあります。

自分の身体を理解するところから腰痛の治療は始まるのです。

スポンサード リンク