×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロテインサプリメントを使用したダイエット法

スポンサード リンク

プロテインのサプリメントについて

この頃耳にするプロテインとは、どんな特長のある物質なのでしょう。

たんぱく質の英語表記がプロテインで、「第一」というギリシア語から派生した単語だといいます。

たんぱく質は脂質や糖質と並ぶ三大栄養素です。

人体の細胞の基本的な部分を作るために必要な成分で、爪や髪、筋肉など、様々な器官がたんぱく質から作られます。

エネルギー源としてたんぱく質は使われる事もあります。

たんぱく質は、新たに摂取したたんぱく質と体を形作っていたたんぱく質の一部が常に新たなものを作っています。

そのため、体を動かさずじっとしていてもたんぱく質は常に作り直されており、毎日摂取しなければなりません。

健康な体を維持するためにたんぱく質は必要な成分であるため、プロテインサプリメントも注目されているのです。

牛乳や大豆など、たんぱく質を豊富に含む食材からプロテインのサプリメントは作られます。

プロテインサプリメントは、大豆や牛乳に含まれている脂肪分や炭水化物を除いてたんぱく質の純度を高めることで作られています。

色や香りが添加されているプロテインサプリメントもありますが、元々の状態である白っぽい粉状のプロテインがサプリメントが多いようです。

プロテインサプリメントの粉末を水等の液体に溶いて、ドリンクとして飲むことができます。

販売されているプロテインには、バー状のものやゼリー状のものなど、色々な種類が存在します。

プロテインサプリメント効果

プロテインサプリメントの効果を見てみましょう。

たんぱく質を取り入れたいならば、豆や穀物類、魚や肉や卵などからも補充が可能です。

けれども、たんぱく質を自然界の食品から摂取する時はたんぱく質以外のカロリーの高い成分を必然的に取り入れてしまうことになります。

脂肪分を除去し精製された、たんぱく質の含有率を高めたプロテインなら効果的にたんぱく質を摂取することができます。

人体に存在するたんぱく質の半分は、骨格筋という体を動かす際に使う筋肉に集合しています。

骨格筋を使うことが多いスポーツを積極的に行っていると、たんぱく質の代謝量もそれに伴って上がります。

たんぱく質を摂取することは、運動をする人にはなおのこと大事といえます。

そのため、効果的に摂取できるプロテインサプリメントは大変人気になっています。

プロテインサプリメントは原材料によって大きく3つに分類できます。

大豆から作る大豆プロテイン、牛乳から作るホエインプロテインとカゼインプロテインです。

目的に応じて使い分けるだけでなく、吸収スピードが遅いカゼインプロテインと早いホエインプロテインの同時併用で得られる効果もあります。

即座に吸収されるプロテインは筋肉を増強する目的に使われ、時間をかけて吸収されるプロテインは筋肉組織を守る目的に使われるなどです。

大豆プロテインは疲れやすさを軽減し、体脂肪を下げてコレステロールの改善効果が期待できます。

プロテインサプリメントでダイエット

プロテインサプリメントを使う時に気を配ることは何でしょう。

栄養摂取に気をつけるだけでなく、しっかり体を動かして十分休むことも体質改善のコツです。

栄養に偏りのない食事で筋肉を作る材料を体に提供しながら、適度な運動で筋肉を動かしで負荷をかけること、筋肉に疲れを溜めないことが大事です。

筋肉を運動でしっかり動かし疲労回復をすることは、プロテインサプリメントの効果を高めます。

プロテインでダイエットをしたいという場合でも、運動と食事の改善は必須です。

注意しなければならない点は、プロテインサプリメントは飲むだけではダイエットにはならないという点です。

数あるダイエット方法の中には、炭水化物を著しく減らす方法や、プロテインサプリメントで行うダイエットがありますが、利点や欠点はあらかじめ知っておきましょう。

摂取カロリーを減らして体内に蓄積された脂肪を優先して減らそうとすると、筋肉も細く弱くなってしまいがちです。

脂肪を燃焼させる作用は主として筋肉で行われるため、筋肉の減少は代謝の減少となり、リバウンドが発生しやすくなるのです。

たんぱく質1に対し炭水化物4で食事メニューを組み、肉や油は少なめな食事をダイエット中は実践しましょう。

食事の摂取カロリーを抑え、有酸素運動を組み合わせてこそ、プロテインサプリメントのダイエットが成功するのです。

体にいいダイエットを無理なく進めるためにも、プロテインサプリメントを上手に使ってください。

スポンサード リンク