×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

うつ病に効果的なサプリメントとその注意点

うつ病にサプリメントを利用する

スポンサード リンク

サプリメントでうつ病改善を目指す方は少なくないようです。

うつ病に悩まされている方の中には、病院での診察に行く代わりにサプリメントを使うということもあります。

うつ病とは精神疾患の一群で、気分障害の一種です。

現在では耳にしたことのある人が多い精神疾患の一つではないかと思います。

以前は理解されることが難しく、怠け病と言われることもあったようです。

うつ病の症状は、なんだか悲しかったり、何をやってもだめだと思い込んで落ち込んでしまったり、今まで楽しみにしていたことに対して何の楽しさも感じなくなってしまったり、どこも悪くないのに体に痛みを感じたり、食欲の減退や増加、眠れなくなったり、逆に異状なまでに睡眠をとったり、動作が鈍くなったり…とさまざまです。

うつ病を抱え込んでいる方の中には、午前は調子が悪くても午後から調子を取り戻せるという方もいます。

それゆえ、うつ病という病であることに気付きにくい病でもあるのです。

精神科や心療内科で判断してもらった方が、1人て抱え込んでいるより状況を把握しやすいでしょう。

病院に行くほどのものではない、とかたくなに診察を受けたがらない方もいるのは事実です。

うつ病サプリメントには、ドラッグストア等で簡単に手に入るものもあります。

サプリメントで快方に向かうのであればと、薬よりもサプリメントを選ぶ人もいるようです。

サプリメントは近年多くの人が使うようになっており、サプリメントでの体質改善や栄養補給が一般的になってきたため、うつ病にも用いる人が増加しています。

うつ病に役立つサプリメント

いくつかのサプリメントは、うつ病を改善するための成分が配合されています。

うつ病とひとくくりにいっても、どんな症状が出ているか、どうしてその症状になったかは個人差があり、用いるサプリメントも変わります。

身体の中でホルモンを作る力が落ち、ノルアドレナリンやセロトニンが足りなくなることによって、不眠やイライラなどうつ病になりやすくなります。

体内のノルアドレナリンやセロトニンを作りやすくするために、アミノ酸サプリメントを取り入れます。

不安感や恐怖感を持つのも、うつ病の症状の代表的なものです。

これはビタミンB1の不足から引き起こされることがあります。

ビタミンB6が不足すると、ソワソワするなど落ち着きがなくなります。

これもうつ病の症状の1つになります。

ビタミンB12も身体には欠かせないもので、脳の神経細胞に大きく関わります。

そこで、それぞれのサプリメントを多種類服用するのではなく、これらのビタミンが含まれた総合ビタミン剤などのサプリメントがうつ病の対策として摂り入れられるようです。

体内のカルシウムが足りなくなると骨粗しょう症などの人体に大きな作用をもたらすことは広く知られていますが、この他にも、カルシウム不足からイライラ感が募るという症状が出ることもあります。

これもうつ病の症状の1つであり、この症状にはカルシウムサプリメントが摂り入れられるようです。

うつ病サプリメントの注意点

スポンサード リンク

うつ病の薬を医師から処方されており、それを飲んでいるという場合、うつ病サプリメントの使用は注意をしてください。

これはうつ病治療に関わらず、すべての病気を治療している人に言えることです。

専門医の判断を仰がずに、サプリメントと薬を使うようなことは控えましょう。

サプリメントは、薬ではなく食品に分類されるものではありますが、体に与える影響は決して少なくありません。

投薬治療などによって使われている薬の効果を全くなくしてしまう可能性もあるようです。

特にうつ病の場合、逆効果を与えてしまうサプリメントや、副作用を強めてしまうサプリメントもあるようなので、投薬によってうつ病を治療中の人は特に注意が必要です。

担当の医者に相談をし、薬との組み合わせを確認してから、うつ病のサプリメントを利用してください。

向精神薬がうつ病の治療薬として使われている場合があります。

カフェインの入ったドリンクやサプリメントは、向精神薬を服用中には口にしないようにする必要があります。

うつの症状を軽減するため、脳内でのセロトニンの量を増やしてイライラ感を鎮めてくれる働きが期待されるものが、代表的な向精神薬です。

脳内のアドレナリンはセロトニンの影響を受け、興奮状態を収めます。

アドレナリンは、カフェインの作用を受けて盛んに分泌されるようになります。

カフェインと向精神薬の効果は真っ向から対立するので、飲み合わせとしてはよくありません。

両者を一度に摂取してしまうことのないよう、気をつけてましょう。