×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

界面活性剤を徹底研究!

界面活性剤とは

界面活性剤とは、水と油のように混じりあわないものの境界面の性質を変化させて、二つを混じり合わせるという働きをします。

一番身近なものだと、手を洗う石鹸やシャンプーにも界面活性剤が使われていますよね。

同じように、洗濯をするときに使う洗剤にも界面活性剤が使われていることは有名な話だと思います。

石鹸などの『汚れを落とすもの』には必ずといっていいほど使用されている界面活性剤ですが、実は食べ物にも使われていることをご存知ですか?

アイスクイームやマヨネーズなどの製品に乳化剤という添加物が含まれていますが、この乳化剤というのは、界面活性剤のことなのです。

 

界面活性剤を私たちの口に入る食品に添加して、体に害はないのか少し不安になりましたか?

もちろん、きちんと安全性の確認がとれた界面活性剤しか使われていないので、これからも安心してマヨネーズやバターを使ってください。

卵黄や大豆から作り出された、天然成分の界面活性剤もあるので、不安な方はこういった天然の界面活性剤が使われている製品を選ぶようにしましょう。

また、私たちの肌に直接吸収されるものとして、化粧品にも界面活性剤が入っています。

乳液やクリームにはもちろん、ファンデーションにまで界面活性剤が使われていることには驚きですよね。

ファンデーションは粉を均一に分散させるために界面活性剤が使われているそうですよ。

化粧品に使われている界面活性剤は、食品に含まれているものよりもずっと安全性の基準がゆるいそうです。

ですから、本当に肌のことを考えるなら、これも天然成分の界面活性剤を使用している化粧品を買った方がよさそうです。

 

ところで、毎日使う石鹸ですが、石鹸に使われている界面活性剤は安全なのでしょうか。

特に全身に使う石鹸や液体のボディソープなどに毒素が含まれていると大変ですよね。

ですから、弱酸性である人間の皮膚には、界面活性剤は影響を及ぼさないのです。